« あけましておめでとうヽ(*`・ω・´*)ノ | トップページ | 悪夢の再来 »

2011年2月 7日 (月)

近況報告、活動方針など

やあ (´・ω・`)

ようこそ、へりなんハウスへ。

このタミフルはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。


うん、「また」なんだ。済まない。

仏の顔もって言うしね、ひと月更新サボったくらいで謝って許してもらおうとも思っていない。


でも、久々に更新されたブログを見つけた時、君は、きっと言葉では言い表せない

「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。

頻繁に鯖停止してMobにぬっ殺される殺伐としたエリンの中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい

そう思って、このブログを更新したんだ。


じゃあ、次に続こうか。

1.活動方針
 たまーに自分が何目指してるのか分からなくなるので、備忘録を兼ねて(´・∀・`)

 錬金術全般の基礎になるアルケミマスタリ(以降、ケミマス)がランク2で止まってます。
 近接特化には無縁である中級魔法がボトルネックになってて、マナフォーミング修練に
着手できない状況です(´・ω・`)

 中級魔法取得自体が敷居が高く、ランクを上げるにはアビリティポイント(以降、AP)を
気の遠くなる量(AP600以上)を投入しなければならないという・・・
 錬金術スキルでAPが常に枯渇状態の今の状況で小回りが利かない状態に(´゚ω゚`)

[目標]
 王政錬金術師
 ・・・の外堀埋め(´ω、`)

[当面の目標]
 ヒートバスター(以降、HB)をマスターに(`・ω・´)

[小目標]
・属性ケミマス(土・風)のマスター
・ゴーレム錬成のマスター


2.レベル上げ(AP稼ぎ)
 錬金術のランクを上げるには大量のAPを投入する必要があるんです。
 今修練中のHBを例に挙げればマスターまでにAP390とか・・・こんなスキルが
1つや2つじゃないのでもうね、(以下略

 で、そんなAPをどう捻出してるのかというと・・・

(1) レベル上げ
 普通にキャラクターレベルを上げる方法。
 私は2週転生で遊んでるのですが、キャラクターレベルは90を一区切りにしてます。

 普段何をやってるのかというと・・・

 ・タラミッション 影差す都市(ハード) をひたすらソロで回る
  骨アーチャーさえ気を付ければ多タゲになり難いので難易度低目&とにかくお金が貯まる。

 ・ギルド活動に積極的に参加
  狩り大好きな人が固まってるので、タラ/タルティーンミッションやエイヴォンの演劇に参加。
  最近の流行は影の世界の硫黄クモ(エリート)を殲滅攻略とか(´・∀・`)

(2) 探検レベル上げ
 AP稼ぎには欠かせない、もう一つのレベル上げ。
 前述のとおり2週転生ですが、探検レベルは20を一区切りにしてます。

 探検レベル上げは手間が掛かるので敬遠されがちだけど、私は下みたいな要領でやってます。

 筏とか気球とかもっと効率がいいものもあるけど、ソロで回ることが多いので効率度外視(´・∀・`)

 ~10
  コンヌース地域のルペス砂漠に監禁されてるエルフをフィリアに届けるだけの簡単な
 お仕事です(=´∇`=)

 ~20
  クルクレ地域のパンタイ沼でLロッドを使ってひたすら遺物発掘。
  コール村のボイトで鑑定→売りつけ。
  距離があるので往復がめんどいのと、鑑定→復元→売りつけの手間が掛かるので
 非常~にめんどくさい(´д`)

  しばらく前はラッパで柱発掘→遺物採取をやってたけど、発見直後or採取中に柱の
 強制リセットが発動して精神衛生上よろしくないので、ギルメンの紹介でパンタイ沼に
 軟着陸しました(´・∀・`)


3.おまけ
(1) 幼女のステータス
11020701
 RPGで幼女といえば大剣だよね。の発言に同調してくれた方は僅か1名でした(´・∀・`)

(2) ヒートバスター
11020702
 ドラゴンボールにこんなシーンが出てきそうだ(´・∀・`)

(3) 誰もが通る道
11020703
11020704
 言いたくなるよね(´・∀・`)

|

« あけましておめでとうヽ(*`・ω・´*)ノ | トップページ | 悪夢の再来 »

mabinogi」カテゴリの記事

コメント

Σ(´・∀・`)映すなwww

投稿: せらぱんこ | 2011年2月 8日 (火) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219561/50801254

この記事へのトラックバック一覧です: 近況報告、活動方針など:

« あけましておめでとうヽ(*`・ω・´*)ノ | トップページ | 悪夢の再来 »